Bartender

とつか ゆうすけ

戸塚 祐介

私の医学の知識が、その助けとなるのなら、
いつでも言って下さい。

都内の病院に勤務する優秀な脳神経外科医。
父親は遺伝子工学やゲノム解析の専門家だったが、
研究に没頭するあまり、大学を追われ、自ら命を絶っている。
その父親が語っていた
「多くの人の未来に自分の研究が光を当てられたら」という志を継ぎ、
医師として主人公たちの事件調査に協力している。